ウーマン

日本語教師の講座を受けて合格を目指そう!

女の人

語学の素晴らしさ

日本語教師とは外国人に日本語を教える事を仕事とする人の事で、この仕事に就くべく勉強を重ねている人も多くいます。この仕事に就くには日本語だけでなく日本の文化等にも精通している必要があるため、専門の学校の講座等で学ぶのが一般的です。

女性

日本の文化に携わるお仕事

日本語を通して日本の文化を教えていくことは、日本語教師にとってやりがいのある仕事です。文化庁の方針に沿った日本語教師養成講座の修了か、もしくは日本語教育能力試験の合格が、日本語教師採用時の条件になっています。条件を満たしていても就職が難しい場合もあるので就職のサポートが充実しているところを選ばれるといいですね。

検定試験に合格する

男の人

日本語教育を専攻する

海外からの労働力の流入など、日本の国際化に合わせ、日本語教師のニーズも高まっています。日本語教師になるために、資格は必ずしも必要ではありませんが、取得して損はないでしょう。日本語教師になるには、3つの方法があります。1つめは、日本語教師養成講座を420時間以上修了することです。講座修了後には有資格者との認定がされるため、就職にも有利に働くのが特徴です。日本語教師を目指すための、最もメジャーな方法となります。日本語教師養成講座は、通学するか通信制かによっても違いますが、3か月から半年で修了するのが一般的です。年齢や学歴、職歴などは関係なく、だれでも受講することができます。2つ目は、日本語教育能力検定試験に合格するという方法です。マークシート、ヒアリング、記述と3種類の試験が行われ、合格率は20%の難関試験です。試験の内容は、一般的な語学内容にとどまらず、文化や教育学、心理学など、幅広い分野にわたります。通信講座やスクールで受講し、試験対策をするのがベストです。3つ目は、大学や大学院で日本語教育主専攻・副専攻を修了するという方法です。主専攻では日本語教育科目を45単位以上を履修、副専攻では日本語教育に関する科目を26単位以上履修すると、日本語教師の認定がされます。日本語教師になるには、日本語に関する知識のほかに、日本の文化や習慣、サブカルチャー、教える相手の国の知識も必要となります。幅広い知識と、指導スキルが求められる仕事です。

勉強道具

日本語を活かして働く

日本語教師は、日本国内の日本語学校や海外での学校、ビジネスマンへの授業など、様々な活躍の場があります。子供には子供向け、ビジネスマンにはビジネスマン向けの日本語を教える必要があるため、専門の講座で日本語教師としての知識を学ぶ必要があります。