女性

日本語教師の講座を受けて合格を目指そう!

日本語を活かして働く

勉強道具

日本語を教える仕事とは

日本語教師を目指す人にとって、専門の講座で勉強することは欠かせないことです。しかし、講座でしっかりと必要な知識を身につけたとしても、それが活かせなければ意味がありません。では、日本語教師は実際にどのような仕事に就くことができるのでしょうか。まず一つは当然ですが、国内の日本語学校で外国人の方に教師として日本語を教える仕事があります。日本に来る外国人留学生や、日本で働く外国人ビジネスマンとその家族に日本語を教える仕事です。日本語学校だけでなく、企業の研修などで招かれることもあります。それから、海外の学校で日本語教師として働くことも考えられます。海外では、小学校や中学校から日本語が科目として採用されているところもあるので、それらの国で日本語教師として活躍することができます。もちろん、キャリアによっては大学の日本語学科で教師として働くこともできるでしょう。日本の英会話学校のように、民間の学校で勤務することもできます。また、職業としてだけでなく、ボランティアとして日本語教師としての知識を持つ人のニーズも増えています。このように、日本語教師には海外、国内問わず様々な活躍の場があります。ただ一口に日本語教師といっても、子供に教える場合とビジネスマンに教える場合では、授業の内容が変わってきます。子供には親しみやすい日本語の歌、ビジネスマンにはビジネスシーンで必要な日本語会話を教えることになります。生徒のニーズに合う授業ができるよう、専門の講座でしっかりと学ぶ必要があります。自分が将来どのように日本語教師として活躍したいのかをイメージして講座を選ぶことで、より自分の希望にあった場所で活躍できる可能性が高まります。