女性

日本語教師の講座を受けて合格を目指そう!

日本の文化に携わるお仕事

女性

人間力が試される

日本語教師は、日本語そのものや日本語を通じて日本の文化を伝えるやりがいのあるお仕事です。日本語教師になるには、具体的にはどんなことを学んでいけばいいのでしょうか。日本語教師になるためには大きくいうと2つのアプローチがあります。文化庁の指針で求められている「日本語教師養成講座420時間コース」を修了しているか「日本語教育能力検定試験」に合格していることです。この2つが日本語教師としての採用の条件になっている場合がほとんどです。どちらの条件もクリアしている場合にはより有利となります。教師はやはり人相手の職業ですので、理論だけでなく実技が大切であり、理論と実技をバランスよく学べる学校やカリキュラムがよいですね。日本語教育能力検定試験は、日本語教師としての専門性が一定の基準以上に達しているかを証明するものです。通信教育でもこの試験の合格を目指す講座があります。この試験に合格していれば即採用ということではなく、条件とともに重要になるのが、採用面接試験の際の模擬授業です。授業は実際に練習すれば修正箇所はその都度出てきますので、回数を重ねるほど上手になってきます。たくさん実技ができる講座であれば有利になります。また、日本語教育能力検定試験の合格や日本語教師養成講座を受けていても、それだけでは日本語教師にはなれません。採用情報や就職に対するサポートがあってこそ活かせるお仕事でもありますので、講座内容と同時に、就職情報やサポートが充実しているところを選びましょう。